So-net無料ブログ作成

Vivado発表 [HDL]

Xilinxの次世代ツール、Vivadoが発表されました。
C/C++/SystemC辺りは「ハイレベル合成」のライセンスが必要らしい。これってAutoESLかな?お値段ちょっとお高い?といっても50万ぐらい。ちょっと前からしたら格安の値段だと思います。
WebPackでもSystemVerilog使えるなら、QuartusIIはだいぶ前からsv使えるので、svメインにしても良いかな~

Vivadoって名前聞いたとき、もちろん「ビビデ・バビデ・ブー」からもじったんだと思いましたよ(笑)。こっちはBでVじゃないですが。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。