So-net無料ブログ作成

Raspberry Pi + HP ProLiant G7 ML110 : ファンの配線 [PC]

前回の記事を見直して、追記です。

私は実験しながら配線を作ったのであのような配線になりましたが、作るだけならもっと単純に出来ます。…という自分もごちゃつきがやになったので、配線をリワークしました。

PWM信号をRaspberryPiにつなぐ配線だけ変更が必要です。それ以外は標準のままで良いです。
なので、ファンのコネクタをこうします。
raspi_fanhaisen.pngファンコネクタ改造
コネクタの青い線だけ外すか切るかして浮かし、延長します。これを3本まとめてRaspberryPiのヘッダの12ピン(外側の6ピン目)に接続すればOKです。コネクタは購入時の通りマザボの端子に接続します。BIOS騙しのプラグも必要ありません。

ホントは黒い線も延長してRaspberryPiのヘッダの6ピン(GND)に接続した方が良いでしょう。PWM信号のGNDがRaspberryPi~USB~電源~マザボ~ファンとかなり長い距離を廻ってます。が、PWM信号の周波数が低いこと、ほとんど電流が流れないこと、制御対象がおおざっぱなことから大丈夫な感じです。心配な方はGNDも配線し、PWMの線とツイストにし、さらにPWM信号に制限抵抗を入れると良いかと思います。

前の記事の配線からするとだいぶスッキリしました。
ただし、この配線にした場合は、ファンは止められません。
G7はファンが止まると強制シャットダウンします。まぁ、止めないから良いですが。
タグ:Raspberry Pi
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。